フィリピン移住で生涯安心余生
フィリピン移住で楽しい余生   ●日本人専用 miyuki house
  リタイアメント リゾート ビレッジ

 フィリピン移住 フィリピン移住で安心余生  フィリピン移住で海と遊ぶ余生   フィリピン移住で健康長寿 感動のフィリピン移住 お問い合わせ 




フィリピン移住叶える健康余生

    人間、一人では生きられません。
和気藹々、みんなで力を合わせて生きる時代
   
    100歳を楽しむ35年のライフプラン
人材豊富なフィリピンで安心余生の勧め



    太陽の国フィリピン 
楽しく遊べる余生考えませんか 

考えていますか老々ライフの設計

「人生100年時代」の到来と言われますが、今や100歳の人口は
約7万人に増えているそうです。
夫婦の親、四人の内一人は100歳になるとの考えが必要といわれています。
両親四人の内、三人、二人が100歳の長寿になる可能性もあるのです。
自分の老後の生活のあり方を考えなければなりません。
老々介護、また老人ホームで余生を暮らすか、一人暮らしを続けるのか。
家族を持つ世代では、
親のお世話をする家族が増える超高齢時代の社会到来です。
親子の老々介護暮らしがはじまるのです。
あなたも100歳まで生きる時代が来るのです。
長い余生を健康に元気に過ごす、安心の終の棲家探しが必要です。

健康に恵まれれば 「105歳まで生きる」 
生活設計が必要になる考えも必要ですといわれる時代です。
90歳まで生きる確率
男性は35%
女性は60%

                   
に及ぶと厚労省年金局が示唆しています。
100歳まで生きる確率、
男性が4%
女性が14%

           
と推計されています。

超高齢時代の対応は、
お世話人の有無が安心余生につながります。

90年余生を楽しく遊ぶ終の棲家 は






60代からの長い40年余生を安全に楽しく暮らせる

終の棲家Miyuki House

寒さのない 
常夏の国で暮らす快適余生は 
自由時間が増え 
年中薄着で過ごせる 
エアコンのいらない健康余生 


  
和気藹々 
高齢者の幸せ余生

優しい人材雇用のフィリピンで叶う

 平均寿命はどんどん長くなっています。老後の人生設計を見直さないといけない時代の到来です。元気なあなた、60代では考えられないことですが、後期高齢者に欠かせないのが、介助・介護問題です。
 そして
「家族に迷惑を掛けない余生」、を考えたとき 「一人暮らし、老々暮らし」にはお世話人が必要です。私たち高齢者はいつまでも一人では生きられないのです。将来必ず来る老化現象対策、介助・介護が必要になることを念頭において早い目に自分に適した終の棲家を探すことです。
 近年の余生は、80年代余生から90年代余生へと、100歳まで生きることを前提にした人生設計が必要になるといわれています。90歳まで生きる確立が男性35%、女性60%と推移されています。定年65歳として、人生設計は90歳で25年、人生100年時代になると、35年の長い余生が待ち受けていることになります。

 前期高齢は、まだまだ元気な時代、70歳過ぎる頃から徐々に体の変調が体を蝕む生活がはじまります。75歳になると一気に老化現象が押し寄せて来る「老人の独り言が増える」ことになるのです。後期高齢期に入りますと益々重りを背負った生活がはじまります。この様な状態で三度の栄養のバランス食を作り、食べる言葉出来るでしょうか。安全に、安心に老後の人生35年以上の老後を過ごす人生設計が必要になるのです。 そうなると、どんなライフプランを設計しないといけないのでしょうか。
 日本では、自分の事は自分でする自立心が問われています。一般的に多いのが、家事を行い、テレビの前でボーっと過ごす惰性老後には25年はあまりに長い年月です。
 何時までも家政・家事・自炊ができる限界が必ず訪れます。そう考えると何よりも大事なのは、体調の維持、脳の維持を含めた健康であることが重要になります。長い余生を楽しむためには
「健康習慣を改善」が必要です。
後期高齢に通じる、適度な運動につながる、楽しく遊べる
趣味・娯楽を持ち続けることが大切になります。

 将来のお世話人を通じて生活全般の手助けの確保を考えられば海外移住、その移住先は常夏の国フィリピンがおススメです。どうしてフィリピンが良いのか考えてみましょう。フィリピンの最大のメリットは常夏の国、寒さの無い分限られた余生タイム、その遊びの時間が増えることです。寒さが無い為、衣服は薄着、年中活動的な行動が可能になります。また、フィリピンは年寄をとても大切にする資質、国民性があります。そしてメイド制度が加齢で必要になる介助・介護要因の雇用を簡単に求められるのです。よくいわれる、物価が安いは、人件費が安いことを念頭におかなくてはなりません。何故なら加齢の楽しみになるのが食タイム、栄養のバランスの摂れた食事の摂取が健康な体には必要です。
 楽しく食べる環境で、日本食は一番の健康食と考えられます。




安心の介助・介護

楽しく●遊べる
終の棲家


miyukihouse

マリンドゥケ快適生活


フィリピン移住


フィリピン移住で安心余生


フィリピンで海と遊ぶ余生



フィリピン移住で健康長寿


体験ステイ・7移住相談

お問い合わせ
 フィリピン移住詳細


蚊のいない
フィリピン移住究極の余生

夢の楽園プロジェクト


知ると便利

マリンドゥケへの交通


マリンドゥケ観光


移住情報


海外移住で
家族に迷惑を掛けない余生


海外移住を考える


フィリピン移住への道


フィリピン移住で楽しむ写真趣味

趣味悠々写真集


南天の観望に感動

南十字星を見る

フィリピンで南十字星を見る


●Mamamiyukiの移住情報
mamamiyukiのブログ

●facebook
鏡山美雪のfacebook
facebookフィリピンの集い

●lolopapa79歳生活奮闘記
lolopapaのブログ
千葉一郎のfacebook 
 


大自然に恵まれた 海辺の2ヘクタール


300mの占有の砂浜

●●マリンドゥケ移住●●

50年先も安心余生が楽しめるシステム
 


健康の基本は、早寝早起きの生活習慣
日の出の太陽で体内時計のリセット
日向ぼっこ
朝ごはんを決まった時間に楽しく食べる
一口噛み噛み30回
栄養のバランス食一日17食品以上

早起きは三文の徳
人間は太陽が無ければ生きてはいけません。
日の出の日光浴で太陽ビタミンで健康余生


太陽の恵み、移り変わる光景は認知症予防
「感動」というプロセスで心に安らぎと             
           老いた脳の活性化が与えられます。



{年寄の口癖}
眠れない・しんどい・疲れた・体が重い・体が痛い・歯が痛い・噛めない・飲み込めない・耳が聞こえない
など体調不良を訴えます。
そしてその対策は、病院に駆けつける、薬を求める、サブリメントを買う、
食事はいつも変わり映えがしない献立、
厚労省は一日30種類の食材を食べなさいと推奨します。
健康の為には最低でも一日17種類の食材を食べなくては健康の維持が難しいといわれます。
健康が欲しければ、
早寝早起きから始めることです。
pm8時以降はテレビ・スマホ・DVDなどブルーライト画面を見ないことです。
食事はゆっくりと食材を楽しみながら野菜から食べ炭水化物系は最後に食べることです。
私たちには自然治療能力が備わっています。
免疫力を付けることで医師の助けは必要ない体を創ることです。
理想の終の棲家とは、健康に適した環境がとても大切なことを理解しなくてはなりません。






[感動]は、老いた脳の活性力


 
●朝焼け・夕焼けは感動の世界

●MikukiHouseで観れる感動の南十字星








私たちと楽しく暮らしませんか

精一杯お世話致します。


介助ある、介護ある、
お世話係りのメイドがある、上げ膳据え膳の生活
終の棲家は寒さのないマリンドゥケ移住で叶います。


リタイアメント リゾート ビレッジ
 
miyuki houseで生涯安心の余を考えませんか

移住生活50年後も安心のスタッフ体制


現在のスタッフと家族
●マリンドゥケ温泉にて 


miyukihouseより
車で10分



[100年長寿を考えたとき]

海外移住で健康長寿を考えたとき、若き人材の教育も必要になります。
人は老います。そこに、安心・安全な生活スタイルの確立が必要になります。





 私たちは、話し、笑い、食事を楽しみ、
コミニュケーションを大切に余生を輝かせることです。
老後に残された人生●笑い、遊び楽しみませんか
移住で最も大切なことは 
楽しく遊ぶ感性
フィリピン移住には感性・感受性がとても大切です。
 海外移住目的
■感動の余生  感性・感受性を持つ。
■娯楽と趣味   娯楽趣味を持つ。
■適度な運動   散歩、運動効果の生活習慣。
■健康余生    ゆっくり噛み噛み30回。
           早起き早寝。
           日の出の日光浴。
■介助・介護   お世話人がある安心余生。
 移住の心得
孤独人生・孤独死の打開策である。
■後期高齢以降の安全・安心生活である。
■病気にならない生活習慣改善環境である。
■日本語で会話ができる生活環境である。
■生活全般の介助支援者がある。
■栄養のバランス食・日本食が食べられる。
■適度な運動効果が得れる環境がある。

介護サービスは人材
老後の暮らしは
人のお世話が必要です。


<フィリピン移住は、まず体験ステイから、きっと見つかるあなたの癒しの終の棲家>



 
海外移住の目的をハッキリ定めましょう。
移住で大切なことは、自然がある・日本食が楽しく・遊べる終の棲家が理想的です。
滞在●移住
移住生活16年の経験を生かしてアドバイス致します。
ご相談があれば、お気軽にメール下さい。

 ichirochiba_ph@yahoo.co.jp
フィリピン移住16年のフィリピン体験記 lolopapa のブログ
facebook友達リクエスト大歓迎します。

●lolopapa79歳へのフィリピン生活奮闘記
lolopapaのブログ
千葉一郎のfacebook 


リンク フィリピン移住への道
inserted by FC2 system