フィリピン移住で楽しい余生 ●日本人専用 miyuki house
  リタイアメント リゾート ビレッジ

 フィリピン移住 フィリピン移住で安心余生  フィリピン移住で海と遊ぶ余生   フィリピン移住で健康長寿 フィリピン移住の究極の余生 お問い合わせ 




フィリピン移住叶える

    フィリピン移住で百寿の余生の願い    
    メイドさんのお世話付きで安心余生    




寒さのない
常夏の国で暮らす余生




 高齢者の幸せ余生

 平均寿命はどんどん長くなっています。老後の人生設計を見直さないといけない時代の到来です。
 高齢とは、介助・介護が必ず必要になりますから家族に迷惑を掛けない余生を考えなくてはなりません。
 人生設計は、80年余生から90年余生、100歳まで生きることが前提になるかも知れません。90歳で25年、人生100年時代になると、65歳のリタイア後、35年以上の老後を過ごすことになります。 そうなると、どんなライフプランを設計しないといけないのでしょうか?例えば、テレビの前でボーっと過ごすには30年、40年はあまりに長い年月です。そう考えると何よりも大事なのは、長く健康であることが重要になります。その為には、適度な運動につながる趣味娯楽を持ち持つことです。
 「高齢者の幸せ余生」、その基本となるのが終の棲家の環境とお世話をしてもらう”人”です。そして認知症が怖ければ人間の基本である話し・笑い、「感動のステージ」が必要です。早寝早起きとは、日の出前の起床でなけらばなりません。日の出の日光浴は健康には欠かせないません。日の出を目で観る。体全身でその温かい光を浴びなくてはないません。太陽が照らす景色の変化の素晴らしさを少々大げさに感動というプロセスで脳に伝えなければなりません。知・情・意という人間の精神活動を肯定的に結ぶものとして「感動」があるといわれています。知性や感性を含めた判断力こそが人間であることの証明でもあるのです。老いで身体機能や脳機能も衰えますが、それを磨くためには「感動」というプロセスが重要な役割を果たしているのです。「感動」は脳が記憶や感情のシステムを活性化させ、今まさに経験していることの意味を逃さずにつかんでおく働きがあるのです。そして脳が全力を尽くして今経験していることを記憶し、生きる指針を痕跡として残そうとしている、そのプロセスに「感動」が必要になり、老いた脳の活性化につながるのです。ですから終の棲家として相応しい光景という環境は日の出が観れる、日没が観れるロケーションを選ばなければなりません。
 老人に大切なことは”人”とのつながりです。家族愛、人間愛がとても大切になります。

 100年余生を考えたとき、日本では少子高齢で生産者人口が減り十分な介護を受けられなくなります。
 あなた一人に3人、4人の十分な人材の手助けを受けられるフィリピン移住は安心余生につながると考えます。



フィリピン移住でリッチな老後の生活のお誘い!

フィリピン移住で介護の心配がない安心余生 
     趣味・娯楽で楽しく・遊べる終の棲家
  至れり尽くせり・上げ膳据え膳の暮らし

  考えたい家族に迷惑をかけない余生

  メイドさんお世話付き安心暮らし

  年中温暖な気候で健康余生


健康に余生を楽しく暮らすには、
早寝早起きが楽しくなる
終の棲家の環境が大切です。
 

早起きは三文の徳

生物は太陽が無ければ生きてはいけません。


太陽の恵み、移り変わる光景は
        「感動」を心に与えてくれます。





 

移住で大切なことは、自然がある・食事が楽しめ
上げ膳据え膳、介護の心配がいらないことです。


滞在●移住


経験を生かしてアドバイス致します。

ご相談があれば、お気軽にメール下さい。

orchids1616@yahoo.co.jp

フィリピン移住15年のlolopapaのブログ





介助ある、介護ある、
お世話係りのメイドがある、上げ膳据え膳の生活
終の棲家は寒さのないマリンドゥケ移住で叶います。


リタイアメント リゾート ビレッジ
 
miyuki houseで生涯安心の余











介助・介護付

楽しく●遊べる
終の棲家


miyukihouse

マリンドゥケ快適生活




フィリピン移住


フィリピン移住で安心余生


フィリピンで海と遊ぶ余生


フィリピン移住で健康長寿


お問い合わせ



フィリピン移住究極の余生

夢の楽園プロジェクト





知ると便利

マリンドゥケへの交通


マリンドゥケ観光


移住情報


海外移住で
家族に迷惑を掛けない余生


海外移住を考える



フィリピン移住への道


フィリピン移住で楽しむ写真趣味

趣味悠々写真集




●Mamamiyukiの移住情報
mamamiyukiのブログ

●facebook
鏡山美雪のfacebook
facebookフィリピンの集い

●lolopapa78歳生活奮闘記
lolopapaのブログ
 





サンゴ礁のアイランド ガスパロ島で暮らす余生







 私たちは、話し、笑い、食事を楽しみ、
コミニュケーションを大切に余生を輝かせることです。
老後に残された人生●笑い遊び楽しみませんか


移住で最も大切なことは、 
海外移住目的
■感動の余生  日々何をして暮らすか。
■娯楽と趣味   娯楽趣味があるか。
■適度な運動   日々の散歩。
■健康長寿    栄養のバランス食。
■介助・介護   世話人があるか。
移住の心得
孤独人生・孤独死の打開策である。
■後期高齢以降の安全・安心生活である。
■病気にならない生活習慣改善。
■日本語で会話ができる生活環境である。
■生活全般の介助支援者がいる。
■日本食が食べられる。
■適度な運動効果が得れる環境。




楽しい遊びの余生
フィリピン移住

miyuki houseは、
地元の皆様に支えられた安心の移住生活

Pumunta ka at magtiwala. Talagang maganda sa marinduque.

 
 Gasn(ガサン)市長
ROLANDO TOLENTINO
          (ロランド トレンティノ)
 Banuyo(バヌヨ)
バランガイ最小行政自治区 キャップテンとメンバー




 希望を捨てない者だけに【幸せの道】が開けるといわれます。
温かい南国で、新しい家族と暮らす安心余生




  気が向くまま フィリピン滞在

 南国のアイランドに求める、
      癒しのパワースポット体験。

 お気に入れば、
     移住をお考えください。
 日光浴・海気浴・温泉浴・海水浴・森林浴、
夜空の天体観測は、
生命の要の、自律神経のバランスが良くなります。

●南国の終の棲家、別荘感覚でお越しください。
  300mの浜辺、自然の中で自分らしく生きる、
健康長寿は、南国の日の出の太陽で「日光浴」
  幸せ老後は寒さの無いフィリピンで健康習慣。


介護サービスは人材
老後の暮らしは
人のお世話が必要です。


<フィリピン移住は、まず体験ステイ。きっと見つかるあなたの癒しの終の棲家>



リンク フィリピン移住への道






 
inserted by FC2 system